日本の初等教育の原型となった「小学校令」(明治23年・1890年)――日本の教育法令の歴史92008年11月30日

 明治23年・1890年10月に、新しく「小学校令」(以下、第二次小学令)が公布され、明治19年公布の小学校令は廃止された。明治19年の小学校令が16条だったのと比べると、明治23年の新しい小学校令は全8章96条からなる詳しいものであった。

 第二次小学令の制定は、市制・町村制や府県制などによって地方自治制度が確立されたことに伴うものである。新しい小学校令では、小学簡易科を辞めて尋常小学校を3年または4年とし、高等小学校は2年、3年、4年の3種類となった。徒弟学校と実業補習学校を小学校の種類とし、小学校に補習科や専修科をおくこともできることにした。ここに日本の初等教育の原型が成立した。

 第二次小学令はドイツの学校法令を参考にしたと言われている。第一条に規定されている小学校の目的には「小学校ハ児童身体ノ発達ニ留意シテ道徳教育及国民教育ノ基礎並ニ其生活ニ必須ナル普通ノ知識技能ヲ授クルヲ以テ本旨トナス」とある。この規定は昭和16年の国民学校令の直前まで改められることがなかった。

 小学校の教育内容については、1891年1月「小学校教則大綱」が定められた。これは明治23年・1890年の「小学校令」に基づいて定められたものであるが、同時に教育勅語の趣旨に基づく教則の改正であった。「小学校教則綱領」の学習課目は小学初等科では修身、読書、修辞、算術の初歩、唱歌、体育 、中等科では修身、読書、習字、算術の初歩、唱歌、体操、地理、歴史、図画、博物、物理の初歩、裁縫(女子のみ)であった。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)


↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

教科書検定制度の変貌――日本の教育法令の歴史82008年11月27日

 先に述べたように、教科書検定制度は明治19年・1886年の学制改革と同時にはじめられた。小学校だけでなく、中学校、師範学校についても教科書の検定が行われることになり、同年5月「教科用図書検定条例」が定められた。この検定条例は翌年5月には改められ、「教科用図書検定規則」が定められ、その後はこれに基づいて検定制度が運営された。この検定規則によると「教科用図書ノ検定ハ止タ図書ノ教科用タルニ弊害ナキコトヲ証明スルヲ旨トシ其教科用上ノ優劣ヲ問ハサルモノトス」というもので、この時点では教科書の検定は教科用として弊害のないことを証明するもので、内容上の優劣は問わないことになっていた。森有礼は、教育は開明された国民によって自発的に改良進歩されるべきものと考えており、教科書についても改善の効果があがったときには、検定制度廃止を考えていたようだ。

 ところが、森文政が終わりを告げた3年後の明治25年・1892年3月には「教科用図書検定規則」の第一条が改正され「教科用図書ノ検定ハ師範学校令中学校令小学校令及教則大綱ノ趣旨ニ合シ教科書ニ適スルコトヲ認定スルモノトス」と改められ、積極的に内容を問題とし、検定による国家統制の意図が示されたのである。この後、国家の中央集権化が進むにつれ、教科書国定化の建議がしばしば為されるようになる。

 中国の初めての学制が頒布された時期は、日本の教科書国定化が始まった頃と重なることになる。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
文部科学省「学制百年史」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198101/index.html

↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

義務教育の始まり「小学令」(明治19年・1886年)――日本の教育法令の歴史72008年11月25日

 明治18年・1885年にはじめて内閣が設けられたとき、初代の文部大臣に就任したのは森有礼(もりありのり)であった。森有礼は文部大臣に就任すると、ただちに学校制度の改革に着手、翌年の明治19年・1886年3月に帝国大学令、ついで4月には師範学校令、小学校令、中学校令が公布された。この諸学校令は学校種別に制度を設けたもので、これによって日本の近代学校制度の実質的な基礎が固まった。教科書の検定制もこのときから実施された。

  「小学校令」では、小学校は尋常小学校4年、高等小学校4年の2段階とし、尋常小学校への就学を義務としている。土地の事情によって、小学簡易科を設けて代用できることにした。

 小学校の学科は明治19年・1886年5月の「小学校ノ学科及其制度」によれば、尋常小学校の教科は、修身、読書、作文、習字、算術、体操で、図画、唱歌を加設してもよいこととし、地理、歴史、理科は高等小学校の教科とされた。このうち理科は新しく設けられたもので、これまで物理、化学、博物、生理に分かれていたのを初めて統合して一つの教科としたのである。ちなみに小学簡易科については「小学簡易科要領」で同時に定められたが、教科は読書、作文、習字、算術のみである。

 このあたりに来ると、中国の学制と教科名もその他の詳細も酷似していて、その影響について考えるのが面白い。 (修正:2008年11月27日)

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)

↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

近代教育に始まる「唱歌」「体操」――日本の教育法令の歴史62008年11月23日

 明治14年・1881年5月「小学校教則綱領」あたりから次第に小学校の教科として取り入れられたのが、「唱歌」「体操」である。明治5年・1872年「学制」において正式科目とされながら「当分コレヲ欠ク」して実施されていなかったのである。いずれも、アメリカ留学で音楽教育及び体操教育の重要性に目覚めた伊沢修二等の建言と文部大輔・田中不二麿の努力で、文部省にそれぞれ専門部署が設けられ、更にそれまで日本になかった教科であったので、外国から専門家が招かれた。

 音楽の方は、明治12年文部省に音楽取調掛(東京芸術大学音楽部の前身)がおかれ、翌年音楽教育の専門家アメリカ人のメイソン(L.W.Mason)が招かれた。メイソンは伊沢がアメリカ留学中に知り合って影響を受けた人物である。日本の音楽教授はここに始まる。唱歌の教科書としては伊沢等により『小学 唱歌集』(全三巻、明治14年・1881年、文部省)が編集された。

 一方、体操の方は文部省が明治11年体操伝習所を設けアメリカからリーランド(G.A.Leland)を招いて洋式体操を取り入れた。リーランドはアマースト大学卒業後ハーバード大学で医学を学んだ人物であるが、アマースト大学在学中はアマースト身体教育の主唱者であるヒッチコックに体操の指導を受けたことがあるらしい。このリーランドの体操伝習所における講義を日本語でまとめたの『李蘭土氏講義體育論』が筑波大学の図書館に所蔵されているそうだ。この講義録の筆者は坪井玄道と推察されている。坪井玄道は、後に田中盛業(体操伝習所第一回卒業生、同教官)との共著で小学校体操指導書として始めて刊行された『小学普通体操法』(上下巻、金港堂、明治17年・1884年)を著している。

 なお、『小学普通体操法』は中国で『蒙学体操教科書』(無錫 丁錦・訳、上海・文明書局、光緒29年・1903年初版)翻訳が出版されている。(2008年5月12日の記事「いつ着替えたの?――『蒙学体操教科書』」参照) いよいよ中国の教科書と繋がってきた(^^)

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
つくばね Vol.25 No.3: 体操伝習所旧蔵書が語るもの
https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/pub/tsukubane/2503/okuma.html

 上記で紹介した教科書は国会図書館近代デジタルライブラリーの以下のURLで画像を見ることが出来ます。↓

音楽取調掛『小学 唱歌集』
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=53012229&VOL_NUM=00001&KOMA=15&ITYPE=0

↓坪井玄道,田中盛業編『小学普通体操法』
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40075688&VOL_NUM=00001&KOMA=1&ITYPE=0

↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

教科書統制のはじまり「開甲制度」(明治14年・1881年)――日本の教育法令の歴史52008年11月20日

 日本で初めての「学制」が公布されたときは、教科書は自由だった。教科書の統制が始まるのは、「開甲制度」という教科書届出制度からである。これは、改正教育令に基づき明治14年・1881年5月に定められた「小学校教則綱領」の公布とともに、文部省が小学校教科書を定めて届けるように府県に指示したものである。この頃、各府県では「小学校教則綱領」の基準に従い、それぞれ小学校教則を制定、管内で実施、これにより各府県の教育は統一され、全国的にも次第に統一されていった。
 教科書の統制はその後さらに強化され、明治16年・1883年には認可制となり、文部省の認可を得なければ使用出来ないことになった。そして、明治19年・1886年になると検定制度が設けられることとなるのである。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)

↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

修身科の始まり『教学聖旨』(明治11年・1878年)――日本の教育法令の歴史42008年11月17日

 近代学校における道徳教育「修身」科のはじまりは、『教育聖旨』に遡る。洋風尊重と文明開化の思潮が批判され、皇国思想への転換が図られるようになったのは、明治10年代はじめのことで、この転機となり方向付けをしたのが、『教学聖旨』であった。明治11年・1878年秋に明治天皇は各地を回って教育の実情を視察、その後国民教育の根本方針として、『教育聖旨』が元田永孚(もとだながざね・儒学者)によって書きあらわされた。

 『教育聖旨』は「教学大旨」と「小学条目二件」からなる。「教学大旨」は仁義忠孝を明らかにするのが本旨であるとし、維新以来の洋風尊重を否定し、儒教の教えを道徳教育の基本とすべきであると述べている。また、「小学条目二件」は小学校で幼少のはじめに仁義忠孝の道徳観を教え込むことが大切であるとしている。1880年・明治13年の改正教育令で小学校の教科のはじめに「修身」をおいたのは、この教学聖旨の精神に基づいたものである。1881年・明治14年の小学校教則綱領は原案を上奏し、聖旨に基づいて一部修正した上で公布されたものと言われる。同じ年、中学校と師範学校の教則大綱も定められたが、学科のはじめにはやはり修身がおかれている。文部省は「小学校教員心得」を定めて、教員に対し「尊皇愛国ノ志気」を振起すべきことを説き、道徳教育の必要を強調、「学校教員品行検定規則」を定めて、同じ方策の徹底をはかった。

 更に教科書についても1880年・明治13年3月省内に編輯局をおいて新しい教科書の編集に取りかかるとともに、教科書取調掛を設けて教科書の調査をはじめ、調査の結果不適当と認めたものは府県に通達して使用を禁止したのである。禁止された教科書は、修身教科書、法律政治関係、生理関係の教科書などに多かったらしい。

 この『教学聖旨』は政府部内の人間関係の軋轢に絡んで、論争を引き起こした。これらの動きが後の教育勅語へと繋がっていく。

 中国の初期の学制は日本の明治時代の学制の影響を強く受けている。愛国教育の教科である修身科が清末、中華民国の学校のカリキュラムに組み込まれたのも、元はと言えば日本の影響を受けたものなのである。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
佐藤秀夫『新訂 教育の歴史』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2000)

↓応援クリックお願いします(^^)
 
にほんブログ村 教育ブログ 社会科教育へ

「改正教育令」(1880年・明治13年)12月――日本の教育法令の歴史32008年11月14日

 政治、経済、社会、教育各方面において現実的対策だったはずの「教育令」公布は、予想外の結果を引き起こした。民衆の自主的欲求に基盤を持たない小学校への国家的規制の緩和によって、小学校制度自体が解体の危機に追い込まれたのである。就学者が減り、学校設立や就学の督励に苦心を重ねてきた地方の学事関係者を窮地に追い込むことになった。

 かくして激しい非難を浴びた「教育令」は、公布から一年で改正されることとなる。地方官の教育行政権限が再び強化され、小学校の教則は、文部卿の頒布するところに基づき、府知県令が地方の情況を量って編制することになり、教科書や就学の督促、教員の資格、学校の管理なども詳細な規定が設けられた。国家的な観点からの標準化と規制が強められた。

 更に翌年、1881年・明治14年5月「小学校教則綱領」により、小学校の制度も、学制による下等(4年)・上等(4年)の二段階から、初等科(3年)・中等科(3年)・高等科(2年)の三段階の編制に改められた。その際、初等科3年は国民一般が就学すべき段階とされた。また、先の「教育令」で一旦16ヵ月にされた最低就学期間は、「改正教育令」では3年の課程修了に延長された。「教育令」と比較すると「改正教育令」の方が32週日増加している。年間授業は32週以上で、休暇を除きほぼ常時授業が行われることになった。この改正教育令施行により、ようやく日本の近代学校の創設は軌道に乗った。

 明治10年代には就学の情況は一時停滞したが、国民の就学の水準は上昇を続け、中等科への進学者は増え、学年段階別の教科書も編纂されるようになり、近代小学校としての形態が徐々に整えられていった。そして、このあたりからが、中国の学制の見本になっていくのだと思う。

 それにしても日本の教育行政はこの頃からもしかしたらあまり変わっていないのかも、とふと思い当たった。大きな改革をするときに、なぜ実験を十分にしないのだろう。実験区を設け一定期間十分に実験し、内容と結果を検討し、問題を解決した上で全国に施行すればいいのに、と思う。試行錯誤段階の内容で上手くいかなければ、それは子ども達に降りかかって来るのだから。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
佐藤秀夫『新訂 教育の歴史』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2000)

↓応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 教育ブログへ

試行錯誤の「教育令」(1879年・明治12年)――日本の教育法令の歴史22008年11月12日

 11月7日の記事で述べたように日本初の「学制」は、欧米の教育法令等をモデルにした、身分や階層、男女の別なく教育の機会を与える近代的な内容であって、日本の近代教育の基礎を築いた法令であった。しかし一方で、政府の財政が厳しい時期で、制度的保証措置に欠陥があった。また、新しい教育体制を受け入れる側の社会の未熟さも、実施後明らかになっていった。

 そのため、「学制」実施後の経験と批判を踏まえ、1877年ごろから文部省内で「学制」改正準備が始まる。1878年5月には文部省により改正案がまとまり「日本教育令」案として太政官に提出された。これに内務卿・伊藤博文が民権運動対策の観点から大幅な改正を加え、更に元老院での改正を経て、1879年・明治12年に公布されたのが「教育令」である。これにより「学制」は廃止になった。

 この「教育令」はわずか47条で簡単な規定である。教育令は学制の画一的な中央集権生を改めて、教育の権限を大幅に地方に委ねる方針をとった。学制の基本であった学区制を廃止し、学校は町村を単位に設置、就学の義務についても厳しい督促をゆるめ、地方の実情に合わせることにした。なかでも内容は大きな変更が加えられた。小学校の修業期限を従来の8年を原則としながら4年まで短縮することが出来るとし、子どもたちはその4年間に最低限度16ヵ月就学すればよいと定めることで、子どもの就学により家庭の経費負担の軽減化を図るなど、当時の社会状況と民衆の要望とに妥協しうる最低レベルまで引き下げるもので、大きな後退といっていいだろう。

 この改革は画一的と批判のあった学制の問題を解決し、自由民権の思想にも対処、更に国家財政の窮乏にも応ずる改革の筈だった。これは、理想主義の「学制」から、現実社会に適応することを重視した「教育令」へ大きな方針転換であった。 (2008年11月14日修正)

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
佐藤秀夫『新訂 教育の歴史』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2000)

↓応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 教育ブログへ

日本最初の学制1872年・明治5年8月「学制」――日本の教育法令の歴史12008年11月07日

 中国の清朝末期及び中華民国時代の学制は日本の教育法令に範を取っている。だから、この時期の中国の学制について知る為には、日本の教育史に対する理解が欠かせない。そのようなわけで、以前勉強した『教育の歴史』『近現代日本の教育』等を見ながら日本の主な教育法令の歴史をおさらいしている。最初は「学制」から見ているのだが、その内容は江戸時代が終わって新国家が樹立したばかりとは思えないほど、近代的で理想的である。

 日本の学校制度は1872年・明治5年8月3日の太政官布告「学制」に始まる。オランダ・フランス・アメリカなど欧米諸国の学校制度を参考に、起案された学校制度法令、これが「学制」である。「学制」は全国を大・中・小の「学区」に区分し、各学区にそれぞれ大学・中学・小学各1校を設置するという、今の日本の教育体制の基礎を築いた法令となった。ちなみに「学制」は、当初本文109章、翌年7月にかけて様々な条文を追加規定した結果、総体で全213章に及ぶ膨大な法令となった。これに「太政官布告214号」が前文として添えられている。

 「太政官布告214号」は公布前日に公布された。これは「自今以後一般の人民 華士族卒農工商及婦女子、必ず邑(むら)に不学の戸なく、家に不学の人なからしめんことを期す」いう名文句で知られる。「学制」は身分や階級、職業、男女の別にかかわらず、全ての人が学校に入学して学ぶことを定めた、近代的な教育宣言文的法令であったのである。

 「学制」は公布翌年の1873年頃から全国に施行された。三年後の1875年には約2万4千校、ほぼ現在並みの数の小学校が全国に設置されたという。ちなみに教科書は自由だった。

 ただし、「学制」は順調に定着したわけではなかった。学校の設置は村負担で、授業料は個人負担で高額だった。一般庶民には学費の負担が重く、また日常生活に有用と感じられなかったこともあって、1870年代後半には新しい学校制度に対する社会的批判と不満が広まり、農民一揆の際に学校が標的になり打ち壊しや焼き討ちの対象に選ばれることもみられた。また自由民権運動の中からも民衆の学校費負担軽減の要求などがなされたこともあった。そのため、近代的なすぐれた法令「学制」は、実施後の経験を踏まえて、大きく修正されることになるのである。

参考:海後宗臣/著 仲新/著 寺崎昌男/著『教科書でみる 近現代日本の教育』(東京書籍、1999)
佐藤秀夫『新訂 教育の歴史』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2000)

↓応援クリックお願いします(^^)
  にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ

「サラダでげんき」で本物のサラダを作りました-『新編 新しい国語』一年下2008年10月23日

「サラダでげんき」のサラダ作りました
 昨日、娘が学校から帰って来るなり、「サラダでげんきのサラダをつくりたい!」。「サラダでげんき」は、娘が一学期の終わり頃いただいた国語教科書『新編 新しい国語』一年下(東京書籍)に載っている作品である。角野英子さんのリズミカルな文と、長新太さんの絵の原色が印象的な作品だ。病気のお母さんに元気になって貰おうと、りっちゃんがいろいろ考えた末、サラダを作りはじめる。それがただのサラダではない。いろいろな動物が登場して、入れる野菜やらハムやらドレッシングやらに口を出すのである。

 もちろん、お話には、サラダの具体的な分量や作り方が書いてあるわけではない。切り方も「きゅうりをトン、トン、トン、キャベツはシャシャ、シャキ、トマトはストン、トン、トン」、分量も「おさとうをちょっぴり。これがこつ。」という感じ。だから、娘に言われるまで、これで本物のサラダを作ろうなんて、思ってもみなかった。

 作り始めたら、なかなか面白い。娘は、教科書をのぞいては、野菜を洗い、包丁を持って、出来る限り自分で出来ることをして、がんばって作った。キュウリも丁寧に切ったし、人参やキャベツはスライサーを使った。テキスト通り、かつおぶし、ハム、こんぶも入れて、ドレッシングも作って、栄養満点のサラダができあがった。おかげで思いがけず楽しい時間を母子で過ごすことができたのだった。「サラダでげんき」に感謝である(^^)

参考:かどのえいこ ぶん/ちょう しんた え「サラダで げんき」国語教科書『新編 新しい国語』一年下(東京書籍)

↓応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 教育ブログへ